白い暴動 - The Clash

10. Cheat ペテン – 解説 歌詞 和訳 –

「Cheat ペテン」の歌詞 和訳 曲解説 アルバムの中で穴埋め的な扱いでアメリカ盤だとシングル曲と差し替えられてしまっているが歌詞はまさにUKパンクの反抗や否定、パンクのアティチュードを感じる内容になっている。
白い暴動 - The Clash

09. Career Opportunities 出世のチャンス

「Career Opportunities 出世のチャンス」の歌詞 和訳 曲解説 クラッシュが当時の彼らの体験を投影した曲の一つで政治・経済を辛辣に攻撃したプロテストソング。その反体制、反逆精神が多くのパンクキッズの心を掴みTheCLASHの代表曲の1つ
白い暴動 - The Clash

08. London’s Burning ロンドンは燃えている! 歌詞 和訳 解説  

London's BurningはUKパンクの代名詞と言える1曲でありジョー・ストラマーが亡くなる直前までLiveのセットリストに入れていたファンも本人たちもお気に入りの曲であった。シンプルなガレージサウンドにパワフルなボーカルが特徴
白い暴動 - The Clash

07. Deny 否定 – 解説 歌詞 和訳 –

「Deny」はミック・ジョーンズがロンドンSSのために書いたもので、ジョー・ストラーマーがクラッシュに加入する直前に結成されたバンドである。元々はあらゆる形での否定をテーマにした曲だったようで、ジョーンズが不仲だった当時のガールフレンドに向けて書かれたものと思われる。
白い暴動 - The Clash

06.What’s My Name? ワッツ・マイ・ネイム - 解説 歌詞 和訳 –

「What's My Name?」はTheClashにおけるキースレヴィンが唯一クレジットされている曲で社会に認められていない不満と自己否定を訴えている初期クラッシュのライブ定番曲。
白い暴動 - The Clash

05. Hate and War 憎悪・戦争 – 解説 歌詞 和訳 –

60年代のヒッピー文化’LOVE & PEACE’とは真逆の ‘HATE & WAR’ というスローガンをジョー・ストラマーは背負って70年後半のリアルな感情を歌い上げる。
白い暴動 - The Clash

04. White Riot 白い暴動 – 解説 歌詞 和訳 –

「白い暴動」では煉瓦を投げようとす る(“throw a brick") 黒人の気持ちへの賞賛を歌詞に込めて巧みに表現し、同様な行動を取れない「臆病者の」(“too chicken") 白人を非難している。そして“white of my own(白い暴動は俺自身の暴動だ)と主張している。
白い暴動 - The Clash

03. I’m So Bored with the USA  反アメリカ - 解説 歌詞 和訳 –

The Clashの楽曲「I'm So Bored with the USA」 反アメリカの解説。楽曲ができるまでのエピソードや歌詞の和訳などをレビュー。さらに要点をまとめそこだけ読んでも十分なないようにしております。
白い暴動 - The Clash

02. Remote Control -リモート・コントロール-

・要約・デビュー前、アナーキーツアーを台無しにしたEMIや体制への抑圧と服従に対する反抗のメッセージ・ソング・バンドの許可なしでレコード会社が勝手にリリース・リリースに反対していたことを次のシングル曲「Comple Control」で言及...
白い暴動 - The Clash

01. Janie Jones ジェニー・ジョーンズ – 解説 歌詞 和訳 –

The Clashデビューアルバムのオープニング曲でUKパンクの代表曲にこの「Janie Jones」をあげるパンクファンも多いであろう。シンプルなガレージサウンドがミニマムで逆に生生しく感じられる。
タイトルとURLをコピーしました