07. Deny 否定 – 解説 歌詞 和訳 –

白い暴動 - The Clash

Deny 否定 – 解説 歌詞 和訳 –

・要約

・元々TheClash結成前、ロンドンSSのためにミックが書いた曲
・ミックの元恋人に対する不満の歌
・US(アメリカ)盤には収録されてない。
・TheCLASHの数少ないラブソングの一つ

・概要

“Deny “は “White Riot “のシングル・ヴァージョンを制作したのと同じウィットフィールド・スタジオでセミ・ライヴ・スタイルでレコーディングされた。
この曲はミック・ジョーンズがロンドンSSのために書いたもので元々はあらゆる形の事の否定をテーマにした曲だったが当時不仲だったガールフレンドに向けて書かれたものとなった。

主人公が恋に落ち、恋人の嘘を非難する。当時のパンク・ギグのメッカだった100クラブや、薬物中毒への非難など歌詞に織り込んでいてミック流ラヴ・ソングといったところ。
その対象のガールフレンドは「I’m So Bored WithTheUSA」の原曲である「I’m So Bored With You」でもインスピレーションを与え当時のミック・ジョーンズに深く影響を与えた女性であったのであろう事が窺える。

ミックの元恋人の歌を「I’m So Bored with the USA」とアメリカにはうんざりと歌たったり、後にミックへのインタビューで「ほとんどの曲は俺が作曲して、歌詞をジョーが書いていた」と言ってることを考えるとやはりTheClashの姿勢や反抗のイメージはジョーストラマーの影響が強く感じられる。

“Deny “は1976年の彼らの最初のライブからオープニング曲として演奏され、1977年6月のホワイト・ライオットのツアーまでセットリストにラインアップされていた。

・曲の構成

当時パンクバンドではあまり使われていなかったビートルズが “Eight Days a Week “で使用したフェードインを使っていたり、ミックの憧れであるモット・ザ・フープルを思わせる”ooh (ウー)”というヴォーカルを入れたり、TheWhoの “The Kids Are Alright “を思わせるようなリズムギターのリフだったり「1977」で否定している商業音楽から影響を受けていることが伺える。
ミック・ジョーンズはインタビューの中で、プリテンダーズのギタリスト、クリッシー・ヒンドが “たしかエンドビットを手伝ってくれた “と語っている。
また、ピストルズの似たような曲 “Liar “から影響を受けたのではないかとファンの間では推測もされている。

・余談

録音ではジョー・ストラマーが「12pコミック」とアドリブで言っているのが聞こえる。
※ これは1977年のマーベルまたはDCコミックの価格。価格が高いと否定してるのか?

ファンのあいだでは「Deny」は初期のギタリストのキース・レヴィンに対して歌っているのではないかという噂もあるが彼がまだグループに在籍していた時に書かれ、ライブで演奏されていた曲なので、それはない。

・関係者コメント

「一部はジョーが入る前に出来てた。クリッシー・ハインドが最後のところをちょっと手伝ってくれたんじゃなかったかな。ジョーが入る前は“ホワット・ア・ライヤー”ってタイトルだった。・・・・彼女は自分で曲を書いて、 オレも自分でずっと書いてたから、 よく一緒になって歌ったりしてたもんなんだ」
(ミック・ジョーンズ)

「オレとミックがバッキング・ボーカルをやった。“ホワット・ア・ライヤー、ホワット・ア・ライヤー”って延々と続くんで、 オレたち顔を見合わせながら、息が苦しくてあえいでいた。この永遠に続くコーラス・ラインを終わらせようとして、顔が青くなりかけてたよ」
(ポールシムノン)

・歌詞

deny
you’re such a liar
you won’t know the truth if it hits you in the eye
deny
you’re such a liar
you’re selling your no-no all the time

an’ you said we were going out
to the 100 club
then you said it ain’t my scene
but then you turned up alone
then you turned up alone

then you said you’d given it up
gone an’ kicked it in the head
you said you ain’t had none for weeks
but baby i seen your arms
baby i seen your arms

do you think i’m a raving idiot?
just got off the boat
step in line, sign this form – you ain’t got a hope
baby ain’t got a hope – you ain’t got a hope

what a liar – deny
what a liar

・和訳

否定する
お前はとても嘘つきだ
真実を目にしても気づかない
否定する
お前はとても嘘つきだ
お前はいつもやってはいけないことを売り込んでいる

お前は、俺たちが出かける
100クラブに一緒に行こうと誘っても
私の出番じゃないって言ってたのに
ひとりで現れて
ひとりで現れて

諦めたと言っていたのに
衝撃を受けたよ。
何週間もドラッグはしていないと言った
でもベイビー 俺はお前の腕を見た
お前の腕を見たんだ

俺が絶望的なバカだと思ってるのか?
何でも信じてしまう
並んでサインをしろよ – お前には希望がない。
ベイビー希望がない。お前は希望を持っていない。

何て嘘つきなんだ – 否定する
何て嘘つきなんだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました