白い暴動 - The Clash

14. Garageland ガレージランド – 解説 歌詞 和訳 –

"Garageland "は、イギリスのパンク・ロック・バンド、The Clashの1977年のデビュー・アルバム『The Clash』の最終曲として収録された曲である。NMEのジャーナリストに酷評されたことを受けて、ジョー・ストラマーが作曲したものです。これはまた、彼らのファン、そして1977年1月25日に10万ポンドで契約した新しいレコード会社に向けて、彼らは契約前のままであることを宣言するものでもありました
白い暴動 - The Clash

13. 48 Hours 48時間 – 解説 歌詞 和訳 –

週末の48時間を意味し月曜日と仕事の前の短い時間の中でできるだけ多くの楽しみを切望している多くの若者の気持ち、週が再びやってくるフラストレーションを表現している。ミックはこの曲を書くのに約24分しかかからなかったと冗談を言っている
白い暴動 - The Clash

12. Police and Thieves ポリスとコソ泥 – 解説 歌詞 和訳 –

Police and Thieves はレゲエアーティストのジュニア・マービンが書いたもので、1976年に彼のファルセットスタイルでレコーディングされた。レゲエの大ファンであったザ・クラッシュはこの曲をカバーしザ・クラッシュがレゲエをレパートリーに取り入れた最初の曲になった。
白い暴動 - The Clash

11. Protex Blue 反逆ブルー – 解説 歌詞 和訳 –

Protex Blue はジョー・ストラマーがザ・クラッシュに加入する直前に作られた数少ない曲の一つで、ギタリストのミック・ジョーンズは、ベーシストのポール・シムノンと出会う前からこの曲を作っていたという。"パブのコンドーム販売機には必ずといっていいほどプロテックスが設置されていたから、曲の題材としては最適だったんだ」と、ジョーンズは皮肉を込めて語っている。
白い暴動 - The Clash

10. Cheat ペテン – 解説 歌詞 和訳 –

「Cheat ペテン」の歌詞 和訳 曲解説 アルバムの中で穴埋め的な扱いでアメリカ盤だとシングル曲と差し替えられているが歌詞はまさにUKパンクの反抗や否定、パンクのアティチュードを感じる内容。アレンジは努力をしておりフェイジングを使用
白い暴動 - The Clash

09. Career Opportunities 出世のチャンス – 解説 歌詞 和訳 –

「Career Opportunities 出世のチャンス」の歌詞 和訳 曲解説 クラッシュが当時の彼らの体験を投影した曲の一つで政治・経済を辛辣に攻撃したプロテストソング。その反体制、反逆精神が多くのパンクキッズの心を掴みTheCLASHの代表曲の1つ
白い暴動 - The Clash

08. London’s Burning ロンドンは燃えている! 歌詞 和訳 解説

London's Burning はUKパンクの代名詞と言える1曲でありジョー・ストラマーが亡くなる直前までLiveのセットリストに入れていたファンも本人たちもお気に入りの曲であった。シンプルなガレージサウンドにパワフルなボーカル、荒削りな歌詞によって瞬く間にパンクの賛歌となり今でもグループの神髄的な作品のイメージとなる。
白い暴動 - The Clash

07. Deny 否定 – 解説 歌詞 和訳 –

「Deny」はミック・ジョーンズがロンドンSSのために書いたもので、ジョー・ストラーマーがクラッシュに加入する直前に結成されたバンドである。元々はあらゆる形での否定をテーマにした曲だったようで、ジョーンズが不仲だった当時のガールフレンドに向けて書かれたものと思われる。
白い暴動 - The Clash

06.What’s My Name? ワッツ・マイ・ネイム - 解説 歌詞 和訳 –

What's My Name? はTheClashにおけるキースレヴィンが唯一クレジットされている曲で最後の歌詞は、拒絶と家庭内暴力の残酷な視線と、語り手が文字通り "What's my name? "と聞いているような程度の脱人格化である。1stアルバムからのお気に入りの曲でライヴセットの中で最も生々しい曲の一つ
白い暴動 - The Clash

05. Hate and War 憎悪・戦争 – 解説 歌詞 和訳 –

60年代のヒッピー文化’LOVE & PEACE’とは真逆の ‘HATE & WAR’ というスローガンをジョー・ストラマーは背負って70年後半のリアルな感情を歌い上げる。
タイトルとURLをコピーしました