TheClash

白い暴動 - The Clash

06.What’s My Name? ワッツ・マイ・ネイム - 解説 歌詞 和訳 –

What's My Name? はTheClashにおけるキースレヴィンが唯一クレジットされている曲で最後の歌詞は、拒絶と家庭内暴力の残酷な視線と、語り手が文字通り "What's my name? "と聞いているような程度の脱人格化である。1stアルバムからのお気に入りの曲でライヴセットの中で最も生々しい曲の一つ
白い暴動 - The Clash

05. Hate and War 憎悪・戦争 – 解説 歌詞 和訳 –

60年代のヒッピー文化’LOVE & PEACE’とは真逆の ‘HATE & WAR’ というスローガンをジョー・ストラマーは背負って70年後半のリアルな感情を歌い上げる。
白い暴動 - The Clash

04. White Riot 白い暴動 – 解説 歌詞 和訳 –

「白い暴動」では煉瓦を投げようとす る(“throw a brick") 黒人の気持ちへの賞賛を歌詞に込めて巧みに表現し、同様な行動を取れない「臆病者の」(“too chicken") 白人を非難している。そして“white of my own(白い暴動は俺自身の暴動だ)と主張している。
白い暴動 - The Clash

03. I’m So Bored with the USA  反アメリカ - 解説 歌詞 和訳 –

I'm So Bored with the USAの原題は「I'm So Bored With You」だった。ミック・ジョーンズが長年温めてきたアンチ・ ラヴ・ソングは、ジョー・ストラマーのグループ加入と共に反米の叫びへと急変した。歌詞の 内容は軍事的な火遊び(カンボジア問題)からワシントンの陰謀(ウォーターゲート事件)、 文化的帝国主義(『刑事コジャック」)など、反知性主義と思われていた事柄へと展開する。
白い暴動 - The Clash

02. Remote Control リモート・コントロール – 解説 歌詞 和訳 –

ツアーのほとんどのライブが直前でキャンセルされたアナーキー・ツアーの後に書かれた。メイフェアで会議を開いたという歌詞は、1976年12月に行われたEMIレーベルの株主総会で、ツアーへの資金援助がすべて打ち切られたことを意味し権力を持つ上層部の人間を痛烈に攻撃するもので、このテーマはクラッシュの代表作である "Clampdown "で何度も繰り返されることになる
白い暴動 - The Clash

01. Janie Jones ジェニー・ジョーンズ – 解説 歌詞 和訳 –

The Clashデビューアルバムのオープニング曲でUKパンクの代表曲にこの「Janie Jones」をあげるパンクファンも多いであろう。シンプルなガレージサウンドがミニマムで逆に生生しく感じられる。
タイトルとURLをコピーしました